カジノ法案の要点ガイド

オンラインカジノ愛好家の皆さんならば、「カジノ法案」について聞いたことがあり、おそらく関心があるのではないでしょうか。このページを読めば、カジノ法案の目的や全体像に関する基礎知識がすぐに身につきます。

主页 » カジノ法案の要点ガイド

オンラインカジノやカジノゲーム愛好家の皆さんは、おそらく「カジノ法案」について聞いたことがあるのではないでしょうか。この法律は、日本におけるカジノの開発・運営と関係するものではありますが、それだけではありません。

このページを読めば、カジノ法案についてもう少し詳しく知り、その全体像が掴めるようになります。日本にカジノができるのはまだまだ先の話ですが、カジノ法案について知っておくと、今後の展開をさらに楽しめるようになるかもしれません。


そもそもカジノ法案って何?

カジノ法案は通称であり、この法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」です。他の通称として、「統合型リゾート整備推進法」、「IR整備推進法」、「カジノ解禁法」、「IR推進法」などがあります。

カジノ法案とカジノ解禁法という通称だけ見ると、この法案はカジノの開設だけを取り扱っている法律なのかな? と思ってしまうかもしれませんが、実際にはそれだけではありません。正式名称にある「特定複合観光施設区域」をもっと簡単に言い換えれば、カジノ設備を含む統合型リゾート施設(IR)となります。

この法律は、主に外国人観光客を呼び込むことを目的とした統合型リゾートの開発・運営にまつわる法律です。現在、このようなリゾートは、3か所の自治体で開発されることが決まっています。

なお、シンガポールの象徴的な建物であるマリーナ・ベイ・サンズが、統合型リゾートの良いお手本です。マリーナ・ベイ・サンズでは、カジノだけではなく、高級ホテル、レストラン、ショッピングモール、屋上のインフィニティプールなど、様々な娯楽が提供されています。


カジノ法案の要点ガイド

カジノ法案の要点

そもそも、なぜカジノ法案があって、これは何を目的としているのかという点を理解すると、全体像が掴みやすくなります。

通称としてカジノ法案と呼ばれてはいますが、基本的には「カジノを含む統合型リゾートを開発、提供することで、外国人観光客に遊びに来てもらい、お金を使ってもらおう」というのがこの法案のねらいです。

そして、「このようなリゾートの開発・運営にあたって、適切な管理や対策を講じることで、風紀の乱れやギャンブル依存症の増加が起こらないようにしよう」というのが、この法案の根底にある方向性だと言えます。


カジノ法案が通った場合の良い点・悪い点

カジノを含む統合型リゾートの運営が解禁されると、どんな良い点・悪い点があるのでしょうか? 賛成側と反対側が指摘するであろう、主な主張を以下にまとめてみました。

良い点
悪い点
  • 海外からの観光客を呼び込み、カジノを含む統合型リゾートを利用してもらうことで経済に対する好影響が見込める。
  • 統合型リゾートの運営には多数の人材が必要となるため、リゾートが設置される地域において雇用が促進され、地域の経済活性化にもつながる。
  • 統合リゾート開発に求められるインフラの構築に伴い、リゾートやカジノ産業以外の分野も関与するため、より広い範囲で地域の活性化も見込める。
  • ギャンブル依存症の増加が心配される。
  • 公序良俗・風紀の乱れが心配される。
  • 反社会的組織や犯罪者組織によるマネーロンダリングが心配される。

皆さんはどう思いますか? 統合型リゾートができたら、遊びに出かけていきたいと思いますか? オンラインカジノは家から遊べるので便利ですし、ライブカジノならば本場カジノさながらのゲーム体験を味わうことができます。そうは言っても、さすがに本場のカジノでの体験には敵わないものです。Live Japan Casinoチームは、日本にカジノができたら、ぜひ訪れてみたいと思っています。

ちなみに、日本が参考にしているシンガポールの有名統合型リゾートのマリーナ・ベイ・サンズと、リゾート・ワールド・セントーサが開業してから、シンガポールの観光収入はなんと二倍になったそうです。

また、統合型リゾートでは、外国人観光客はもちろん、日本人利用者が安心して遊びに来れるように、リゾート内はもちろん、リゾート周辺地域のセキュリティ強化対策も講じられるでしょうから、逆に治安が良くなるのではないかという気がします。危ないところだったら、遊びに行きたくないですよね。


カジノがオープンするのはいつ?

現時点では、まだ基本方針が策定される段階で、統合型リゾートがオープンする候補地も発表されていません。今後も、事業者の選定、各種方針や法律の整備や調整などが行われるでしょうから、実際に日本でカジノを利用できるようになるのはまだまだ先のことだと思われます。

カジノがオープンするのはいつ?

候補地が決定するのは2022年前後とされており、2025年には国際博覧会(万博)が大阪で開催されることもあって、関係者ならばこの時期のオープンを目指したいのではないかと予想します。

もっと具体的な話が出てきたら、Live Japan Casinoでも報告していきますので、今後の動向に注目しましょう。それまでの間は、ぜひLive Japan Casinoのおすすめオンラインカジノでカジノゲームをお楽しみください。


最も有力な候補地は?

日本初の統合型リゾートの開設場所候補として、3か所の自治体が決定されます。その候補地としては、東京、神奈川、愛知、大阪、和歌山が最も有力だとされています。中でも、横浜と大阪が最初のリゾートの最有力候補地のようです。

横浜の場合は羽田空港や成田空港、大阪の場合は関西空港から近いため、海外(特に近隣のアジア諸国)からの観光客にとって利用しやすくなるでしょうから、納得できます。また、前述の通り、2025年には大阪で万博が開催されるため、この時期までに大阪で統合型リゾートが設立されれば、万博と統合型リゾートの相乗効果が見込まれるのではないでしょうか。


カジノ法案についてよくある質問

日本でカジノがオープンするのはいつ?

残念ながら、具体的なオープン予定日は決まっていません。憶測では早くて2025年でしょうが、法律・インフラ共に、整備すべき点は多々あると思われるので、2020年代後半が現実的なのではないかなと思います。

日本のカジノでプレイするのに、入場料金は必要?

IR実施法案では、日本人と日本に住む外国人は6,000円の入場料の支払いが求められると決まっています。これは高いと思いますか? たとえばベラジョンカジノに6,000円入金すると、初回入金ボーナスとして同額の6,000円がもらえますね。なお、外国人観光客は無料で入場できるそうです。

これには確固とした理由があります。外国人観光客はカジノのターゲット客だということで入場料は求められません。また、日本人および国内在住者に対する入場料は日本におけるギャンブル依存症を防止するための対策の一環のようです。

入場に関する制限はある?

入場料金の場合と同様に、日本人と日本在住の外国人には入場回数が制限される予定です。週3回または月10回までが制限となることが決まっています。「あれ? 結構入れる?」と思う人もいれば、「たったこれだけしか入場できないの?」と思う人もいるのでは。

月10回じゃ物足りないという人は、オンラインカジノならば時間や場所を問わずに毎日オンラインスロットやカジノゲームをプレイできるので、ぜひお試しください。また、オンラインカジノだと責任のあるギャンブルを推奨する自己規制ツールが用意されているので、人によっては逆にオンラインカジノのほうが責任のあるギャンブルをしやすいかもしれません。

カジノサイトへの登録は簡単です。登録は無料ですし、資金を入金しなくても無料体験できるゲームも数多く用意されています。ぜひベラジョンカジノなどのおすすめサイトに今すぐ登録して、ルーレットに挑戦し、いずれはリアルマネーを賭けて賞金獲得を目指しましょう!

をオンラインカジノで遊ぶなら
ウェルカムボーナス最大:
最大$1,000

無料体験に10ドルのボーナス

4.3 rating
ウェルカムボーナス最大:
2000円
初回入金時
入金ボーナス:
最大$999
+ 250回のフリースピン
メインカジノランキング
日本から遊べる最高のオンラインカジノ
最新のレビュー
オンラインカジノボーナス
ライブカジノ おすすめ
ビット コイン オンライン カジノ
オンラインスロット
最高の入金不要ボーナスを今すぐ入手しよう
カジノゲームガイド
オンラインカジノルーレット早わかりガイド
今日からオンラインバカラで遊ぼう!
ブラックジャック ルール
新しいカジノ
4.3 rating
4.5 rating
4.5 rating
4.5 rating
4.3 rating
4.5 rating
4.3 rating
4.3 rating
4.5 rating
4.3 rating
4.5 rating
4.5 rating
4.5 rating
4.3 rating
4.3 rating
3.8 rating